保育園みらいファンド2号

  • ファンド事業

ファンド組成について

1号ファンドより規模を2倍に拡大し組成、運用

依然として都市部での待機児童解消のため供給が必要である、保育園施設に対する開発資金と投資スキームの流れを確立し、規模を拡大させることにより資産としての流動性を高め、広く様々なプレーヤーが保育園施設開発を身近にし、“日本の困った”を解決する。
本ファンドは、本件の社会的意義について共感いただいた第一生命保険株式会社、ヒューリック株式会社からの出資により100億円超の規模で実施。
今後もファンドの規模を拡大し、3年間で300億円超の運用を目指す。

*同ファンドはプロフィッツ関連会社である「株式会社あかるいみらいアセット」と「A.P.アセットマネジメント株式会社」との共同AMプロジェクトです。

ファンドの概要

ファンド名:保育園みらいファンド2号
資産構成 :東京都内の認可保育園15物件
投資期間 :中長期
形態   :私募ファンド
投資規模 :100億円超
組成時期 :2021年3月

メディア掲載

日本経済新聞 2021年3月24日
日経不動産マーケット情報 2021年6月29日

プレスリリース

待機児童問題を解消「保育園みらいファンド2号」を組成、運用開始